似顔絵ウェルカムボード~水彩絵の具での描き方




似顔絵ウェルカムボードを描いてみたい

created by Rinker
美顔絵 スタジオゴクウ
¥24,800 (2019/03/21 05:44:36時点 Amazon調べ-詳細)

水彩絵の具での描き方

似顔絵ウェルカムボードを水彩絵の具で描きたいと考えている場合は、いくつか押さえておきたい手順があるのでしっかりと内容を把握して理解を深めておくと良いです。

手順の一つ目は、鉛筆で事前に下書きをしておくということです。線ではなく面を活用して似せていく方法のため、底の面と側面が暗くなるようなイメージで描いていきます。

二つ目は底の部分と暗い色合いの固有色の部分をはじめに塗るということです。髪の毛などが黒い場合は、その部分から塗っていくようにします。

三つ目は側面を塗っていくということです。暗い部分を塗ったときよりもなるべく色を薄く使用すると上手くいきます。

四つ目は正面を塗っていくということです。今まで塗ってきたものよりもさらに薄くなるように塗っていきます。

この際に鼻筋などといった光がたくさんあたって白くなってしまっている部分は色づけしないようにすると良いです。

もしその部分に着色してしまったという場合には、水を染み込ませた筆などを用いて問題の部分につけた上でティッシュなどを使って拭き取るようにしましょう。

最も明るい箇所以外のところは、非常に薄くても良いので少しでも塗っておくと上手く仕上げることができるのでおすすめです。

五つ目は色相をふっている絵の具を用いて重ね塗りして背景も仕上げていくということです。背景はぼかすことで雰囲気が出てやさしい印象になります。

水を使用してぼかすことになりますが、この時にぼかし専用の筆を使うと良いです。まずは水のみを塗り、少し時間を置いてから絵の具を使っていきます。もしくは動作を逆にして後から水で伸ばしていく方法もあります。

しっかりと乾かすと似顔絵ウェルカムボードの完成です。薄い色から使用していくという方法もありますが、最初に濃い色から使っていくことで完成した図をイメージしやすくなります。

線画ではなくペインティングを意識して描くと、よりいっそう似せることができるようになります。

水彩絵の具の似顔絵ウェルカムボードのタッチの種類

似顔絵ウェルカムボードには様々なタイプのものがありますが、水彩絵の具を利用したものなら透明感を出しやすいのでおすすめです。水彩絵の具で描いた似顔絵ウェルカムボードが欲しいと思った時にはインターネットなどで依頼するほか、自分で書く方法があります。

写真などを見ながら自分で描く場合にはある程度画力と時間が必要となりますが、必要な道具は100円ショップなどで手に入れることが出来るので比較的コストを抑えることが可能です。

自分で顔絵ウェルカムボードを水彩絵の具で描きたいと思った時には必要な道具があります。下書きを行うための鉛筆とねりけしの他に、水彩絵の具・筆とパレット・筆洗を用意しましょう。

一番気を使いたいのは紙で、できれば水彩用紙を購入し木製パネルやベニヤ板に水張りすると紙の波打ちがおさえられるのでおすすめです。

水で濡らした水彩紙を板に固定するためには水張りテープも必要です。水彩ボードでも良いですが、時間とともに曲がってくるので長期保管には向きません。展示後は写真で楽しめばよいと考えている場合などは水彩ボードが手軽でおすすめです。

依頼をする場合には写真が必要となるケースが大半なので予め用意しておくとスムーズです。値段は1枚あたりに収まる人数によってことなってことなるほか、建物や思い出の場所などの背景の指定や車やバイクなどを依頼したい場合には追加料金がかかることもあるので確認しておくことが大切です。

納期にかかる時間はイラストレーターごとに変わってきますので、プレゼントなどの予定日がある場合には時間に余裕をもって依頼して下さい。

イラストレーターに依頼するメリットとしては画力がなくても似顔絵ウェルカムボードを簡単に手に入れることができるほか、場合によってはイラストをデータにしてもらうこともできるので他のグッズや年賀状などにも利用できる可能性があります。

サイズなどによって値段が変わるほか、画風もイラストレーターによって変わってきますのでお気に入りを見つけることが大切です。

水彩絵の具のおすすめメーカー一覧>>