アクリル絵の具の水を水道に流すと配水管が詰まる?捨てる際の注意点




アクリル絵の具水入れ

絵の具を使い終わったあとでパレットに残った絵の具を処理処分するときの注意点です。

アクリル絵の具を水道に流しても大丈夫なのでしょうか。

アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、下水管で固まってしまう恐れがあるのでは?あるいは絵の具は環境によくないのでは?

水入れの水を捨てた後どうなるかは一切目で確認することはできないので少し不安になりますよね。
私は水道以外に水を捨てる場所も思い浮かばないので、ジャーッと流しています。しかし流れるアクリル絵の具の量を少しでも少なくするように工夫しています。

下水に流れるアクリル絵の具の量を減らす方法

筆を水で洗う前にティッシュで筆先を拭く

なるべく水入れの水が汚れないように、ティッシュで筆先を拭きます。ティッシュがもったいなければボロ布でもいいかもしれませんが、洗った筆の水滴を拭く用と分けた方がいいです。

パレットは牛乳パックかペーパーパレット

パレットに残ったアクリル絵の具を全部水道管に流してしまうと詰まりやすくなるかもしれません。パレットをティッシュや布で拭いてから洗う方法もありますが、より簡単な方法は使い終わったパレットをそのまま燃えるゴミに捨てられることです。

紙パレットや牛乳パックは一回一回捨てられるので、片付けもかなり簡単になります。

でも多分大丈夫

水入れの水を水道に流す程度では多分詰まることはないとは思いますが、環境のことや配管のことを考えるとちょっと不気味な気はします。なので私は水道に流すアクリル絵の具は最小限にしようと決めています。少し面倒ですがw

一人の人が自宅で流す分には短期的に問題はないかもしれませんが、絵画教室やスクールでは水道に流す絵の具の量が多くなります。少し留意した方がいいかもしれませんね。

もう一度まとめると、

・基本的には少し色の入った水が流れる程度なら問題はない
・環境や配水管のことを考えるなら、アクリル絵の具を水で流す量を減らす工夫をする

ということになります。